都市伝説まとめ TOP  > 

ヒトラー生存説

2018.01.27.Sat.12:24
ナチス・ドイツの党首にして、独裁者であったアドルフ・ヒトラー。

彼は、類稀なる弁論の才能によって国民を鼓舞し、戦争を引き起こすきっかけを作った人物である。
続きを読む "ヒトラー生存説"

フセインがクルド人を弾圧した理由

2017.12.28.Thu.12:24
アメリカに近代戦争を仕掛けられ、物量に押し切られて敗北した挙句、自身が死ぬ瞬間を世界的に中継されるという最期を遂げてしまった、サダム・フセイン元イラク大統領。

彼の引き起こした最大の罪は、クルド人を老若男女問わずに弾圧したことだろう。
続きを読む "フセインがクルド人を弾圧した理由"

9.11は予告されていた?

2017.11.28.Tue.12:23
世界の中心にして最大の軍事強国であるアメリカ合衆国。

長年本土を襲撃されたことのないアメリカに、初めて脅威が降りかかってきたのは2001年の9.11同時多発テロ事件の時である。

その惨状は即座に全世界に生中継され、あまりに現実離れした様相に、テレビから目が離せなかったという人も多かったことだろう。
続きを読む "9.11は予告されていた?"

嘘だらけのマリー・アントワネットの最期

2017.10.29.Sun.12:40
日本人にとってもよく知られているマリー・アントワネットは、ハプスブルグ家の出身で、神聖ローマ帝国皇帝シュテファンの娘でもある、まさに名門の出である。1700年代後半、当時栄華を極めたフランスの国王、ルイ16世の妃でもあった。
続きを読む "嘘だらけのマリー・アントワネットの最期"

謎の親切な警官

2017.09.29.Fri.12:39
とある裕福なアメリカ人夫婦が2人きりで住む豪邸で1998年、実際に起きた事件。
夫が出勤のために愛車を停めているガレージに向かうと、閉じてあるはずのシャッターが開いている。慌てて駆け寄ると、ガレージはもぬけの空となっていた。夫婦はすぐに警察に被害届を出し、警察の連絡で駆けつけた自動車保険会社のエージェントとも自宅で話し合い、間もなくして保険が下りることが決まった。
続きを読む "謎の親切な警官"

迷宮を出て行く人々

2017.08.30.Wed.12:38
富士急ハイランドの人気アトラクション「戦慄迷宮」をご存知だろうか。

非常に世界観にこだわりを見せて作られたお化け屋敷で、内部には大勢の幽霊が待ち受けている、同テーマパークでも特によく知られたアトラクションである。
続きを読む "迷宮を出て行く人々"

別世界へ行く方法

2017.07.31.Mon.12:38
毎日毎日刺激も喜びもない生活に飽き飽きしているそこの貴方。そんな飽き性の貴方に、最適な刺激を与えてあげよう。

今回は、別の世界に行く方法をレクチャーしようではないか。
続きを読む "別世界へ行く方法"

幻の大灯台

2017.07.01.Sat.12:37
紀元前より、人々は知恵を絞って航海の指針になるような建造物を作ってきた。

古代アレキサンドリアでは、アレキサンドリア大灯台という巨大なレンガ造りの灯台が建設され、近海を行き来する船の道しるべとして活躍した。
続きを読む "幻の大灯台"

朝鮮茶器

2017.06.01.Thu.12:36
かの千利休も愛用していたとされる、耳付きの朝鮮茶器。

豊臣秀吉権勢下、大陸から持ち込まれたこの茶器は、当時から非常に希少なものとされていた。

それを利休は愛用することとなったのだが、その後すぐに切腹を言い渡されている。
続きを読む "朝鮮茶器"

月夜の井戸

2017.05.02.Tue.12:36
地域によっては、井戸の中を無闇に覗き込んではならないという風習が伝わっているという。

その理由は様々なのだが、特に夜間。

それも、月が出ている晩に井戸を覗き込むことは危険だといわれている。
続きを読む "月夜の井戸"
 | HOME | Next »