FC2ブログ
都市伝説まとめ TOP  >  都市伝説 >  天狗の住む山

天狗の住む山

2016.11.14.Mon.22:34
地方には、中々全国的に知られるほどではないものの、それなりに面白い都市伝説が、幾つか残されている事が多い。

中でも日本に多いのは、山にまつわる都市伝説だ。

「ヤマノケ」や「ヒサルキ」などが特に有名だが、何もその全てが禍々しいものというわけではない。

埼玉県のとある街には、この街にある山に、天狗とその召使いの山犬が住んでいるという都市伝説がある。

この天狗、決して人に悪さをすることはなく、むしろ人々の安寧を司る存在であったという。いわゆる山の神様のような存在だったのかも知れない。

そしてこの山の天狗は、時には病気で苦しんでいる周辺の人々を助けることもあったようだ。

そもそも、伝説に登場する日本各地の天狗は、そのほとんどが人間に対して害を成すような存在ではない。この山の天狗もそんな1人であった。

あるときから、病気の者が居る家庭に、召使いの山犬が訪問し、そのまま病人を背負って山を登っていくという現象が多発したという。

山犬はそのまま天狗の住処に戻ると、そこで天狗は病人を治療していたという。快方に向かった病人は、帰る頃には徒歩で下山できるほどだったのだとか。

現在、この山も開発が進み、天狗の住処は随分削られてしまい、そこに病院が建てられているという。

だが、今でも時折、気品のある犬の鳴き声が聞こえてくることもあるようだ。

関連記事
コメント

管理者のみに表示