都市伝説まとめ TOP  >  都市伝説 >  東京直下の魔除け部屋

東京直下の魔除け部屋

2016.11.17.Thu.12:02
日本の首都である東京には、実に数々の都市伝説が犇いている。

田舎ではなかなかお目にかかることのできない話も多く、現在進行形で新しい奇談が生まれ続けている。


そんな東京でも、ひときわ多くの都市伝説愛好家に興味を持たれているのが、地下鉄である。

東京の地下を縦横無尽に伸びている線路の中には、不思議な世界への入り口に繋がるものもあるという話や、誰も立ち入らないような場所に人の姿を見たという話など、不気味な話は枚挙に暇がない。

さて、この東京の真下には、実は地下鉄とは全く関係のないある施設が存在しているという都市伝説がある。

それは東京駅の地下すぐ傍に建造された空間で、現在、出入り口は封印されているという。

しかしながら、その空間はどうやら長方形の形をしているようで、かなりの奥行きのある部屋のようになっているというのだ。

以前、東京駅の駅員が、1980年代に使用されていた東京駅の地下見取り図を広げてみたところ、この部屋の存在が明らかになったというのだが、不気味なのは出入口に書かれていた文字である。

照明もなく、人の立ち入りもない出入口には「魔除け場」とだけ書かれ、厳重に閉ざされた扉があったということだ。

長く勤めている人もこの部屋の存在を知らなかったのか、結局、むやみに立ち入ることもないまま、現在も放置されていると言われている。

この封印を破ると、何か不吉なことが起きるのかも知れない。

関連記事
コメント

管理者のみに表示