FC2ブログ
都市伝説まとめ TOP  >  都市伝説 >  数年に一度だけ発生する池

数年に一度だけ発生する池

2016.11.19.Sat.12:13
世界には様々な不思議が渦巻いている。しかし、我が国、日本もそれらと比肩するほど、不思議の渦巻いた国でもある。

静岡県浜松市天竜区にある、亀ノ甲山には、ごく短期間の間だけ発生する池が存在しているというのだ。

人々は、これを「池の平」と呼んでいるという。

池の平は、遠州七不思議の1つにも数えられるスポットで、およそ7年周期で発生すると言われている。

亀ノ甲山の北側、標高650メートル地点にある窪地から水が湧き出てくるのだが、この窪地は普段は雑草に覆われている。

ところが、ある一定の時期を迎えると、突然少しずつ水が湧き出し、およそ20日ほど、立派な池を構築するというのだ。

その発生理由は、不明だという。

そのため、池の平はしばしば調査目的で全国から科学者が訪れることもあったようだ。

また、池の平には幾つか伝説が語り継がれている。そのうち最も有名なのが、竜神伝説である。

なんでも、数年に一度、諏訪湖を目指して北上する竜神がおり、この竜神が足を休める場として、池の平が選ばれたというのだ。

つまり、ここに水が湧き出る時には、竜神が潜んでいるということになる。

真相は定かではないが、こうした湖沼が日本にあることを、知っておいて損はないだろう。

関連記事
コメント

管理者のみに表示