都市伝説まとめ TOP  >  都市伝説 >  カオリさん

カオリさん

2016.11.21.Mon.17:07
さん付けで呼ばれる都市伝説は、幾つか存在している。こっくりさんに、かしまさん、それから花子さん。

いずれも認知度は非常に高いものだが、一方でマイナーなものも少なくはない。カオリさんも、マイナー枠の中の1つである。

ある女子高生が、単身渋谷に遊びに出ていたときのこと。

人気の無い坂を下り、角を曲がろうとしていると、突然背後から女性に声を掛けられた。

女性は「ねえ、あなたピアスしてる?」と聞いてくる。聞くのだったら直接見ればいいのに、何故か振り返ってみると女性は俯いたまま。

女子高生はそのまま無視して歩き出そうとすると、また「ねえ、ピアスしてる?」と聞いてくる。

陰気な口調で、しかもなんだか不気味な声色。女子高生はなんとなく精神がヤバい系の人なのかも知れないと思い、無視するのが憚られるように思えた。

実際に、彼女はピアスをつけていたため、正直に「はい、してますけど」と答えることにした。

すると、その言葉を聞いた女は突然女子高生に組み付くと、耳たぶを齧って、あろうことかそのまま食い千切ってしまったという。

痛みで絶叫する女子高生をそのままに、女は走り去ってしまったのだとか。

女子高生は二度とピアスをつけることはできなくなったが、幸いにも処置が早かったために耳はほとんど機能を損ねることはなかったそうだ。

彼女を襲った女は、カオリさんと呼ばれて恐れられるようになったという。

何故カオリさんなのかは誰も知らないが、一説には、有名な都市伝説「白い糸」に登場する失明した女の子が、同じ名前なのだという。

関連記事
コメント

管理者のみに表示