FC2ブログ
都市伝説まとめ TOP  >  都市伝説 >  河口恭吾のライブ

河口恭吾のライブ

2016.11.28.Mon.17:09
シングル「桜」で一躍大ヒットしたにも関わらず、その後のアーティスト活動は、なかなか順風満帆とは言いがたい歌手、河口恭吾。

彼は、今でも精力的にライブを開催しているとのことだが、彼の近くに常に人間ではないものがいるという都市伝説がある。

以前、ライブを観に来ていた男性は、会場入りした瞬間に、鳥肌が立つのが分かったそうだ。季節は夏。冷房もあまり効いていなかったにも関わらずだ。

その後、会場が観客で一杯になると、河口氏が登場した。

ステージで何曲か歌っていると、いつの間にか河口氏の横に長袖とロングスカートの女性が立っているのが見えたという。

これにはその男性だけではなく、複数の観客も不思議そうに見入っていたそうだ。

女性は、徐々に河口氏に接近し、最終的には河口氏と10センチも離れていないほどに密着していたという。

不思議と、河口氏はそんなものが見えてもいない様子だった。

この女性は、観客側には背を向けていたので顔立ちまでは分からなかったが、結局ライブが終わるまで、延々ステージに立ち続けていたという。

男性は「熱心なファンか何かだろう」と無理やり納得し、帰路につくことにした。

後日、男性がインターネットで河口氏のライブの様子をファンが綴ったブログを発見し、何気なく読んでいると、そのブログでも不審な女性が見えていたことについて言及されていたという。

ただし、この女性の立ち位置については男性は見たものと異なっており、もっと後方に立っていたと書かれていた。

果たして、河口氏の傍には、今でもその女性が立っているのだろうか。

関連記事
コメント

管理者のみに表示