FC2ブログ
都市伝説まとめ TOP  >  都市伝説 >  「泣く男の子の絵」

「泣く男の子の絵」

2016.11.29.Tue.17:11
イギリスで発祥し、日本でも有名になった「泣く男の子の絵」という都市伝説。

小さな男の子が泣いている顔を描いたイラストで、これを飾る家は何故か不審火によって焼失するが、イラストだけは綺麗に焼け残るというものである。

かつて、日本のテレビ番組でも紹介されたことがあり、この際に本当にイラストが燃えないのかどうかを実験している。

その結果、イラストは見事に燃え上がってしまい、噂は所詮噂であったという結論が出された。

しかし、こうした放送を観ることで悪乗りしてしまう人が出てしまうのも世の常だ。

ある若者グループは、なんとこの「泣く男の子の絵」をわざわざ苦労して入手し、これを空き地で燃やしてみることにした。

すると、やはり紙は紙。何ということもないまま燃え上がってしまった。

若者たちは飽き飽きして解散することにしたのだが、後日、付近で不審火が発生し、10軒以上の家屋が燃えてしまったそうだ。

ちなみに、日本の番組で紹介するために「泣く男の子の絵」を持ち込もうとした時、複数の業者がそれを断ったとされている。

その理由は、運ぶ荷物が「泣く男の子の絵」だったからで、少なくとも2つの業者は聞く耳も持ってくれなかったそうだ。

「泣く男の子の絵」自体は、イギリスのデパートでも気軽に購入できたようで、かつては多くの家庭で飾られていたこともあったという。

全ての「泣く男の子の絵」が火事を誘発するわけでもないようで、イラストには幾つかのバリエーションも確認されている。

どれが飾ると火事を招くのか。肝心のイラストの特定はされていないようだ。

関連記事
コメント

管理者のみに表示