都市伝説まとめ TOP  >  都市伝説 >  財宝

財宝

2016.12.04.Sun.17:27
某観光都市にある、せいぜい築数年ほどの大きな空き家には、驚くべき秘密が隠されているという都市伝説がある。

今は住む人のいなくなってしまったこの家、贅を尽くした住環境と防音設備の整った地下室まで揃っているという。

それだけならば、手放したのが勿体無く感じられるだけの話なのだが、その秘密を知ってしまうと、中には無性に気になってしまうという人もいるはず。

なんでも、この家の持ち主は退去する際に、地下室の隠し金庫の中に株券やインゴット、現金などを相当数放置したままだったというのだ。

退去する際に回収し忘れたわけでもないようで、敢えてそのままにしてきたとされている。

もっとも、そんなことをしたのは理由もあるようだ。

元々その家は二世帯型住宅で、かつては若い夫婦と夫の両親が暮らしていたという。

ところがその家というのが、新築であるにも関わらずとんだ幽霊物件で、夫を残してことごとく家族は不審死したり、自殺を遂げてしまったというのだ。

危機感を抱いた夫は、着の身着のままその家を飛び出してしまい、恐ろしくて二度と戻ることができないまま、売り払うことにしたというのである。

そのような理由で、地下室の備え付けの飾り台の裏にある隠し金庫には、手付かずの財産が残っているようだ。

もしもその物件に心当たりがあるという人は、管理会社に連絡して下見という形で訪れてみてはいかがだろうか。

件の家は、幸いにもまだ次の持ち主は決まっていない様子である。

関連記事