FC2ブログ
都市伝説まとめ TOP  >  都市伝説 >  もう1人のサンジェルマン、カリオストロ

もう1人のサンジェルマン、カリオストロ

2018.02.27.Tue.12:25
数百年に渡り、ヨーロッパの社交界に出没しては、時の権力者を驚かせたとされるサンジェルマン伯爵。

その正体は誰にも分からないが、彼の出現からほどなくして、同じように人知を超えた存在を自称した連中は大勢出現している。

カリオストロ伯爵も、そんな中の1人だったとされている。

彼は、1743年にシチリア島で生まれて以降、ギリシアの錬金術師アルトタスに師事し、卑金属を金に変える手法を学んだと喧伝していた。

そればかりか、ヨーロッパ中で医師でもあり、オカルト専門家でもあると名乗って上流階級に溶け込もうとしたとされている。

今でいうカルト商法にも手を出しており、これが実を結ぶと、大金を投じてフリーメイソンの一員にもなったという記録がある。

そうはいっても胡散臭い人物だったため、やがてフランス王室やマリー・アントワネットをも篭絡した、大規模な詐欺事件を引き起こしたが失敗して失脚。

最終的には、1791年に異端者認定され、獄中死したという。

ところが、カリオストロ伯爵の死体は、未だにどこに埋葬されたのかが分かっていない。

そのため、カリオストロ伯爵は、あるいは不死の存在で、今でもどこかを漂泊しているのではないかという噂がヨーロッパ中に広がることとなった。

かなり古い時代の都市伝説だが、この話は瞬く間に広まっていき、遠くロシアでも流布していたことが分かっている。

サンジェルマンの出来損ないが、カリオストロだったのかも知れない。

関連記事