FC2ブログ
都市伝説まとめ TOP  >  都市伝説 >  タイムマシンの出品

タイムマシンの出品

2018.09.23.Sun.13:25
2000年6月、当時はまだまだ敷居の高かったインターネットオークションに奇妙な出品物がリストアップされた。

それは、出品者が自作したというタイムマシン。


なんでも、折角の発明品だが売りに出してしまうのだという。

何だか勿体ない話だが、きっと作ったことに満足するタイプの発明家だったのだろう。

それなりに入札もあり、なかなかの高値の競り合いになったのだが、オークション終了直前に、なんと全く同じタイプのタイムマシンが出品されるという事態が。

出品者は全く別の人物であったが、曰く以前落札した物を出品したいという。

その理由として、2人目の出品者はこんなコメントを載せていた。

「折角競り勝って手にしたタイムマシンですが、使い心地が最悪なので誰かに引き取ってもらいたいと思いました」

同じタイムマシンが同じ時間軸に複数個出現するなどなかなかあり得ない話だが、件のタイムマシン、結局2つとも落札されたということだ。

勿論、1つは本来の予定通り、2人目の出品者のアカウントが落札していたことになる。

ちなみに、現在ネットオークションで「タイムマシン」と検索してみると、何故か幾つかヒットするものがある。

時間を遡ってみたいし、お金に余裕があるという方は落札してもいいかも知れない。

関連記事