FC2ブログ
都市伝説まとめ TOP  >  都市伝説 >  えひめ丸はアメリカから新兵器の実験台にされた!?

えひめ丸はアメリカから新兵器の実験台にされた!?

2018.12.22.Sat.15:08
2001年2月10日、ハワイ・オワフ島沖合いで愛媛県宇和島水産高校の練習船、えひめ丸が沈没した。

乗船していた同高校の教員・生徒のうち9名が死亡するという大惨事となった。

事故の原因は、えひめ丸の真下に位置していたアメリカ海軍所有の原潜が浮上してきたことによる人為的なミスと発表されている。

ところが、ある噂ではこの事件は意図的に計画されたものだったという。

なんと、えひめ丸はアメリカ海軍が当時極秘に開発していた、超音波兵器によって沈没してしまったというのだ。

えひめ丸に衝突したとされる原潜グリーンヒルには、事故当日には多くの民間人が搭乗しており、潜水艦見学ツアーが開催されていた。

そしてこのツアーを企画していたのだが、元在日アメリカ軍の司令官だったのだが、彼こそが噂の出所のようだ。

この司令官は、1995年に沖縄で発生した米兵による女性暴行事件の際に、沖縄県民の神経を逆撫でする発言をしており、駐屯地を追われていたのである。

そんな彼が帰国後に海軍と縁の深い企業に天下りし、ツアーを開催。

その際に、えひめ丸に対して、勝手に新兵器の実験を行ったのではないかというのだ。

荒唐無稽な話ではあるのだが、アメリカではこの話がさも真実のように語られている。

事実、衝突したとされているグリーンヒルの船体には、傷一つ付いていない。

関連記事